大屋津姫(オオヤツヒメ)柧津姫(ツマツヒメ) 大屋彦(オオヤビコ)

五十猛神(いそたけるのかみ)の真相に迫る

18大屋津姫(オオヤツヒメ)柧津姫(ツマツヒメ)大屋彦(オオヤビコ)

                          三井淳

 イソタケルのイロモ(同母の妹)とされるオオヤツヒメとツマツヒメは、イソタケルと違い「あまくだり」はしていない。大田市川合町の漢女(からめ)神社の「からめ」はツマツヒメのことといわれる(藤井宗雄「石見国神社記巻一安濃郡」山崎亮翻刻版)。「からめ」は「韓女」で韓国の女性を意味する。
 イロモとあらばイソタケルと母が同じでなければならないが、イソタケルはアマツカミであり、スサノオの分身であるから、ツマツヒメとは別次元の神である。従ってイロモという格付けは、日本書紀の誤りなのである。
漢女神社より静間川の下流域に当たる、長久町土江の邇幣姫(にべひめ)神社は、オオヤツヒメとツマツヒメを祭る(大田市誌)。オオヤツヒメはツマツヒメと同格の神だから、これも「からめ」である。この「からめ」とは、スサノオが新羅の女性との間にもうけた女子ということになる。
「続往還を行く④角折(つのおれ)」でも書いたが、現在大屋姫命神社が鎮座する山は、古代「大屋津」の名残りであり、角折(津の折)はその末端の部分で、それから先は海となる。「大屋村勢」に「柧津姫は津の折に鎮座ましましける霊地なりと云い」とあるが、角折のツマツヒメ祭祀など今迄聞いたことがない。今後その証(あかし)が得られるかもしれない。いずれにしろ大屋町では、角折は「大屋津」の一部の名に過ぎない。古語の「ツマ」には「ハシ」の意味があり(岩波古語辞典)、「ツマツ」と「ツノオレ」は同じことなのである。
オオヤツヒメとツマツヒメは二神格であるが、本来は「オオヤツヒメ」という一柱の「韓女神(からめのかみ)」だったのではないか。恐らく、スサノオとイソタケルが分離した時点で、「津」を介して今一つの女神を創作したのだろう。藤井宗雄はツマツヒメにつき、「韓神の后神に坐に就て申すか」(前出石見国神社記)との説もあると言い、「からめ」はスサノオ及びイソタケルの妻であった節(ふし)をにおわす。
古事記には、オオクニヌシをかくまった紀州の大屋彦(オオヤビコ)のエピソードがある。このオオヤビコはイソタケルの別名であるという説(本居宣長「古事記伝」)がある。しかしそのオオヤビコなるは、スサノオより先に生まれている。

五十猛歴史研究会会員 三井淳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.